経口補水液

経口補水液

経口補水液は、熱中症の予防になるので、身近に常備しておきましょう♪

経口補水液 > 経口補水液

経口補水液 熱中症

1年中、経口補水液は、必需品かもしれません
CMでも熱中症の経験者の所さんが、宣伝をしています
夏はもちろん、冬でも、水分の補給は、必要なんですね
人間も、当然ですが、動物ですから、体が乾燥したら、水分を補給しないと

特に、高齢の方がいるようなご家庭では、常備しおくのが正解なんでしょうね
実際に、飲むような事態にならないように予防するのが、一番大事ですが

最近の地球の気候は、どんどんと温暖化しているらしいので、熱中症の危険が、それにともなって、大きくなってきているらしいですね

そこで、経口補水液
飲む点滴とも言われるほど、水分と塩分と糖分が、バランスよく配合されているっていうことで、即効性があるんだそうです
汗をかくと、失われるのは、水分だけではなく、塩分も失われているのが、通常なので、それらをキチンと補給しないといけないということになるんですね

ところが、こういう飲物って、買うばかりでなくて、自宅で、簡単に作れるんだそうです
拍子抜けするぐらい簡単に作れるっていうんですね
ただ、大事なポイントは、正確に計って、入れることだけなんだそうです
そうしないと、せっかく作っておいても、体内への吸収が素早く行われない可能性が、出てきてしまうんだそうです

経口補水液 作り方

経口補水液の作り方とは

材料:水、1リットル
塩、小さじ1/2(3グラム)
砂糖、大さじ2+小さじ1(20グラム)
これらの材料を、よーく混ぜるだけなんだそうです

たった、これだけの作業で、できちゃうって、ちょっとわらっちゃいそうですが

では、さっそく、飲んでみましょう
どうですか
おいしいですか
まずいですか

ここで、問題なのは、「おいしい」って、感じた人なんだそうです
もしかしたら脱水症に、かかっている可能性があるんだそうです
水分、足りていなかった可能性があるんだそうです

健康な状態の人は、「まずい」って感じるらしいですね
これって、体調のバロメーターにもなるかもしれませんね

ただし、注意点があるんだそうです
1日に飲む量は、成人で、約500ミリリットルから1リットルまでにすること
少しずつ、ちびちびと飲むこと。がぶ飲みはしてはいけないんだそうです
日持ちしないので、作ったら、その日のうちに、飲みきってしまうこと

でも、作るの、面倒って方は・・・

こちら⇒経口補水液

経口補水液 トップへ戻る