たまねぎ氷

たまねぎ氷

たまねぎが、糖尿病にいいらしいですね。でも、毎日、必要な分の玉ねぎを、工夫もしないで、食事に取り入れようとしても、なかなか大変ですね。でも、たまねぎ氷にすれば・・・すごい発明ですよね。

たまねぎ氷 > たまねぎ氷

たまねぎ氷 糖尿病

たまねぎ氷

たまねぎ氷って、体にいいんだそうです
料理研究家の村上祥子さんが、考案したんだそうです

そのたまねぎ氷を開発した動機が、とっても素敵なお話でした
糖尿病の患者さんたちが、食べるということで、状態が良くなったり、予防できるような方法はないかと考えて さまざまな食材を調べるうちに、タマネギに行き着いたっていうことなんだそうです

「タマネギに含まれるイソアリインなどの成分が、血糖をコントロールするインスリンに働きかけて、血糖値を下げる」 という研究成果の報告に注目したんだそうです

そうか、タマネギね。 それを食べ続ければいい・・・ってわかっても、 毎日、食べ続けるには、とても面倒だし、調理するときには、涙が出たり、すぐに飽きそうだし・・・
もっと、簡単に、毎日、食べられる方法はないかと考えて、たどり着いたのが氷にすればいいっていうことだったんだそうです

氷にすれば、日持ちもするし(冷凍で約2か月間も持つ)、冷凍庫に作り置きしておけば、そこから取り出していつでも簡単に使えるし、一度加熱しているので、辛さが甘さに変わっているし、何より、いろんな料理にもいれやすいし、たとえば紅茶とかに入れてもいいし、摂取するのに、これ以上の形は、ないっていうことなんだそうです

糖尿病の方達にしたら、すごい発明品ですよね。 気が付いた時に、冷凍庫からたまねぎ氷を取り出して、ポンって、いろんな食材に入れるだけなんですから
これで、血糖値が下がるんなら、こんなにありがたいことは、ありませんね

たまねぎ氷 作り方

たまねぎ氷

たまねぎ氷の作り方って、とっても簡単なんだそうです

まずは、玉ねぎを1㎏用意しておく
皮をむいて、芯とか、根っこを取っておくこと

それを、ポリ袋に入れて、電子レンジ600wで20分加熱
その時に、ポリ袋の口を閉じてしまうと袋が破裂してしまうので、口は開けておくこと

20分加熱したら、電子レンジから、取り出す
この時のタマネギの状態は、ふにゃふにゃになっています
これを、ミキサーに入れて、さらにポリ袋の中に残った水分もミミサーにいれて、そこに、約200㏄分の水も入れること
この200㏄分の水は、電子レンジで加熱している最中に飛んでしまっている水分なんだそうです
こうすることで、とにかく、元の1㎏の状態になるんですね

この1㎏に戻った玉ねぎをピューレ状になるまで、ミキサーしたら、 冷凍庫に入れて、凍らせたら完成なんだそうです
とても簡単ですね
あとは、たくさん、作り置きをしておけば、安心ですね

そうは言っても、作るのが面倒っていう方は、こちらからどうぞ⇒たまねぎ氷

たまねぎ氷 トップへ戻る