うつ病

うつ病

うつ病って、増加傾向にあるみたいですね。お医者さんがいうには、うつ病とは、心の病気ではなく、脳の中の神経を伝達する物質の減少によって起こるので、うつ病を他人事と思ってるのは、間違いなんだそうです

うつ病 > うつ病

うつ病 増加

うつ病は、年々増加しているらしいですね
先日、テレビでも警鐘を鳴らしていました

この10年で、うつ病の患者数は2.5倍で、その人数は、96万人にもなるんだそうです
1999年からの統計でも、右肩上がりなんだそうです
こういう右肩上がりは、うれしくないものです

確かに、この病気のうつ病という言葉って、よく聞くように、なりました
不思議なのは、その男女比なんだそうです
男性よりも、女性の方が、増加する傾向にあるんだそうです
どうして、女性が、増えているのでしょうか
それは、女性のほうが、軽症のうちに、受診するケースが、多いからっていうことが、あるんだそうです

そういうことなんですね
男性は、プライドとか、そういうのが、邪魔をして、がまんをしてしまう傾向にあるっていうことなんですね

国としても、このうつ病という病気に関しては、危機感が、あるんだそうです
2013年の7月から、これまでのがん、脳卒中、心臓病、糖尿病の四大疾病に、この病気を加えて、五大疾病と呼ぶようになったんだそうです
これらの病気の仲間入りをしたっていうことは、国民病といってもおかしくない状態になってしまっているということを意味しているっていうことになるんでしょうね

お医者さんの話では、この病気は、心や精神の病気と、勘違いしやすいけれど、脳の神経伝達物質の問題なんだそうです
だから、昔から活発だったからとか、自分だけは大丈夫だとか、心は強いほうだとかっていうことは、まったく関係ないっていうことなんだそうです
それこそ、誰にでも、かかる可能性がある病気なんだそうです
そういったことを聞かされると、ちょっと怖さを感じますね

うつ病 症状

うつ病の症状としては、多種ありますが、代表的なものは、 「食欲がなくなる」「眠れない」「疲れやすい」「無気力」「何か行動をしようという気にならない」「好きなことをしても、気が晴れない」「自殺を考えてしまう」
これらのような症状なんだそうです

でも、勘違いしては、いけないのは、この病気と、いわゆる「うつ状態」とは、違うということなんだそうです
比較できるように書くと・・・
よいことがあっても気が晴れない
よいことがあれば、気が晴れる

仕事とか趣味を、まったくやりたがらない
やっていたほうが、気がまぎれる

人のせいにするのを嫌がる
人に頼りたがるか

妄想的になる
妄想的にならない

これらのうち、後者のほうに該当する場合は、「うつ状態」ということなので、「うつ病」とは、区別をしておいたほうがいいということなんだそうです

うつ病 チェック

うつ病のチェックリスト

・1日中憂鬱な気分になる
・疲れやすくて、だるさが取れない
・何をしても楽しいと思わない
・自分を責めてばかりいる
・食欲がない
・集中力が、低下する
・眠れない
・いらいらする
・繰り返し、死にたいと思う

上記のリストのうち、5つ以上、当てはまったら、要注意なんだそうです
とくに、最後の「死にたい」は、よくないのは、間違いないので、早急に、医者へ行くとかしたほうが、いいということだそうです

こちら⇒うつ状態、不安、心配などに効果 100%自然成分「AMORYN」

こちら⇒【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~

うつ病 トップへ戻る